私のニキビ治療体験談

私のニキビができてしまった体験談を話します

ニキビができたはじまり

私がニキビができたことに気づいたのは、大好きだった彼氏に振られてしまい、泣きはらして1週間たった日のことでした。私にとって、別れはとても辛いできことだったので、もちろん落ち込んで、泣いて泣いて、寝不足気味となり、私はストレスがあるとスナック菓子やケーキを買い込んで、ドカ食いしたくなってしまったので、正に肌には良くない状況であったと、今になって思います。

ストレス・睡眠不足・暴飲暴食を1週間続け、私は心もお肌もボロボロでした。ふと、鏡を手に取ったとき、頬にニキビを発見しました。その時、「これくらい、荒れた生活していたら、肌荒れくらい起こすよな」と実感しました。

ニキビが治らない

一週間程度、自宅での引きこもり生活を送った後、ようやくバイトや学校にも行きたいという気分になりました。精神的には少し楽になっていたのですが、スナック菓子をたくさん食べるなど、食事自体も不規則な生活をしていました。

そんな中、すぐに治るはずだと思っていた、頬のブツブツが全然良くなっておらず、それ所か、悪化しているのに気がつきました。

「お菓子の食べすぎかな?」と感じ、お菓子の量を減らしたり、なるべく頬を清潔に保つことができるように、髪が掛からないように結ったりと工夫もしてみましたが、あまり変化はありませんでした。

少しずつ心配に

すぐに良くなるとはじめは思っていた肌荒れでしたが、すぐには良くならず、市販のニキビ薬を購入しました。これで、すぐに治るだろうと思っていました。

しかし、1週間程度しても、良くなるところか、余計赤みが出てきてしまい、見た目では悪化しているようでした。「私にはこの薬が合っていないんだな」と強く感じました。

皮膚科を受診

市販の薬で良くならないのであれば、皮膚科を受診するしかないな、と感じ、近所でも評判の皮膚科を受診することにしました。受診の際には、看護師さんに簡単な問診をされました。

具体的には、いつからこの症状がでたのか、この症状がでるに当たって心当たりはあるか、化粧品は使っているか、等でした。その日はお医者さんに見てもって、軟膏が処方されて終了しました。

あっという間に受診が終了したので、大丈夫かしらと思いましたが、結果的にはその軟膏で綺麗なお肌に戻りました。

ニキビについてお勉強

その後、ニキビについてネットや雑誌で勉強をしました。まず、私の体験でもある通り、暴飲暴食、ストレス、不規則な生活、というのは、お肌に大きな負荷を掛けてしまうということです。

そして、枕カバーを清潔に保つということも大切だそうです。自分で生活の改善をして、やはり良くならない時には早めのうちに病院へいき、治療を開始することが大切だと思いました。