本格的なニキビ治療を初体験

症状が悪化する前に早く治すことが大切です

ニキビを治すなら早期治療

私は高校生になった頃からニキビが出来始めるようになりました。母に相談したところ、白や黒い状態の初期症状の段階で治さないといけないと言われました。

そのまま放置したり間違った治療をすると、赤くなったり化膿したりして悪化するようです。また、症状がさらに進んでしまうと、月のクレーターのようなニキビ跡になってしまうそうで、こうなってしまうとクリニックで治すしか方法はないそうです。

ニキビ治療専門のクリニック

鏡で見てみると、いくつか既に色素沈着してシミになっているものもあったので、母にお願いして専門の美容クリニックに連れて行ってもらうことにしました。クリニックではまず丁寧なカウンセリングが行われました。

治療をしてくれる美容クリニックには女性が多く、みんな優しい方ばかりだったので、あまり緊張することはありませんでした。どのような肌の状態を目指すのかや、食事についてや、どんな部活をしているかも聞かれました。

カウンセリングでアドバイスと治療の説明

これらは全て予防に関係しているそうで、特に食事やスポーツで汗をかいたあとの肌のケアなどはとても参考になると思いました。あとは、どのような施術をしていくのか、期間や費用などといった具体的な説明も行われました。

実際に色々な治療が始まると、思っていたよりも大掛かりなマシンを使うという印象でした。排膿やレーザーによる殺菌、炎症の沈静化、空いてしまったデコボコを治す装置、肌を再生させるピーリングなどといったものが、肌の状態に応じて行われていきます。

実際のニキビ治療

具体的に言うと、私の場合はニキビが膿んでしまっている箇所には炭酸ガスレーザーを使用しての治療が行われました。また、赤みを沈静化するためのクリアタッチも行われ、さらにアクネ菌を殺菌するピュアアクネスという薬などで予防もしてくれたので、再び症状が出るようなこともなくて良かったです。

ある程度済んで肌がキレイになると、跡が残ったり再び症状が出たりすることのないようにクリスタルピーリングやフォトシルクのような治療もしてもらえました。

きっちり治すと自信が持てる

正直、お金が結構掛かってしまったとは思いますが、母によると初期の段階のニキビが多かったために、クリニックに通う期間が短くて済んで、思っていたよりも費用は掛かっていないとのことで少し安心しました。

症状が悪化する前に早く治すことができて良かったと思います。また、少しできていたニキビ痕もほとんど目立たなくなって、自信を持って友達とも正面から話すことが出来るようになって満足しています。