しつこい大人ニキビをしっかり治療

生活の乱れから大人ニキビが多発

素肌自慢になるポイントとは

私が一番ニキビに悩んだ時期は、思春期の頃ではなく、20代後半になってからでした。昔から肌は割と強い方で、日々のお手入れは化粧水を適当にはたいて、少し乾燥が気になる時だけ乳液を使用するといった程度で、特にトラブルはなく過ごしてきました。

しかし社会人になり、夜遅くまで仕事が続いたり、飲み会があったりすると、食生活の乱れや寝不足、お化粧を落とさずに寝てしまったりなど肌にストレスがたまることばかりで、いつしか顔がニキビだらけになってしまいました。

彼氏の言葉に治療を決意

肌がボロボロになっても、若い頃のようにしばらくすれば治るから、と放っておいたのですが、一向に良くなる気配はなく、むしろひどくなるばかりでした。

それでも日々の忙しさを言い訳に何もしないでいたのですが、ある日、彼氏から『最近、肌荒れがすごいよね。なんか触りたくないな。』と言われたのがショックで、しっかり治療することを決意しました。

皮膚科でもらった薬が効果抜群

まずは市販のニキビに効果があるという化粧品を片っ端から試してみたのですが、どれも完治するまでにはいかず、一進一退いった状況でした。かなり高価なものも試してみたのですが、あまり私の肌には合わないようでした。

そんな時に友人から一度皮膚科に行ってみたらどうかとアドバイスをうけ、試しに休日に診てもらうことにもらうことにしました。すると現在の肌の状況を丁寧に診てくれたうえに、薬用の化粧品を処方していただき、お陰であんなにしつこく残っていた大人ニキビがすっかり姿を消しました。

健康的な生活で肌も生き生き

完治したかに思われた私の肌でしたが、どうしても生理の前後は肌が荒れ、病院でもらった薬でも効果がないのが最後の悩みでした。そこで体質そのものを変えてみようと、野菜中心の食生活に変え、仕事が長引いた時もなるべく早めに睡眠を取るようにし、休みの日は意識的に運動をするよう心掛けました。

しばらくすると、ひどかった生理痛が軽減し、肌も荒れないどころか、以前よりハリが出てきて、きれいになったとほめられることが多くなりました。やはり健康的な生活が一番の治療法なのだと痛感しました。

肌がキレイになると毎日が楽しい

ニキビがなくなってから、彼氏も必要以上に私の頬に触って、前よりもきれいだと言ってくれる回数が増えました。私自身もメイクやファッションを以前よりも楽しめるようになりました。

時間はかかりましたが、努力して治療して本当に良かったと感じています。これからも健康的な生活を維持し、自慢の素肌を維持していきたいと思います。

移動販売に欠かせない、店舗にも足にもなる商用車は、制作費だけでも莫大な金額がかかるものです。販売のみのケータリングカーなら低コストで制作できます。神根自動車販売のK-BOXは自社独自の方法で制作しており、従来の軽車両のものに比べ作業スペースも極限まで広げているので、作業の効率が下がる心配はありません。また内装のフルオーダーも可能となっているので、冷蔵庫などの機器を持ち込んだり好みのデザインにすることで、自分の使いやすいように制作することができます。

埼玉でおすすめのケータリングカー制作業者はこちら