ニキビをきれいに治すには

治療だけではなく、再発予防のアドバイスも教わろう

ニキビをきれいに治すならお医者様に診て頂いた方が良い

思春期の頃、ニキビができました。テレビCMなどで、同年代の女の子達がニキビのお薬を塗っていたりして、この年頃にありがちなことなんだとあまり気にしないでいました。親も青春のシンボルと称えてくれるので、あまり気にしませんでした。

しかしそれから、ニキビは増え続けたのです。それでさすがに気にするようになりました。触ると悪化すると聞いていましたが、気になるので何度も触ってしまい、やがては潰してしまいました。

そうなると化膿して、出血したり膿んだり熱を持ったりと、どんどん不快な状態です。何とか消毒液で毎日消毒をして炎症が治まったのですが、一生残るであろう傷跡が残ってしまいました。まさかの展開に後悔しました。

ニキビを病院で治すという方法

周りでは、クラスメートの友達も同じような悩みを抱えている人もいれば、上手に治す人もいました。その上手に治す子達に秘訣を聞きますと、速やかに専門家に頼ることだと言います。即ち、皮膚科で診て貰っていたそうです。そんな方法があるとは思いもしませんでした。

そもそも病気ではないと思っていたので、お医者様に診て頂こうという発想は浮かばなかったです。その上手に治す子達曰く、ニキビが出来たら治療して貰うときれいに治ると言います。それはその子達を見れば一目瞭然で、とても説得力があり、私も次に出来たらそうしようと思いました。

初めての受診

それから数日後、その次が出来ました。今度は触らずに、速やかに受診です。初めて皮膚科に掛かったのですが、院内にニキビについてのポスターや冊子があり、受診していいんだと安心しました。これくらいでと少し不安でした。

呼ばれて診察室へ入りますと、親身に悩みを聞いて下さって、辛い気持ちを理解して下さって嬉しかったです。それで飲み薬を頂いたのですが、驚きました。てっきり塗り薬とばかり思っていたので、まさかの内服薬で、どのような作用で効くのか全く想像もできませんでした。

体の中から治す

それで服薬治療を始めてから、少しずつ炎症が治まって来ました。これが最初に実感した改善の兆しです。見るからに赤い腫れが治まり、ズキンズキンと波打つような熱を持った痛みも同時に治まったのです。外からは何もしていませんのに、体の中からそんな変化をもたらすとは驚きました。さすが医療と思いました。

その後再発なしです

それからは早かったです。きれいに治り、傷跡も残らなかったです。初めからお医者様に頼るべきだったと思いました。医療は凄いと改めて思いました。そんな体験を、クラスメートに話して回ったものです。病院で診てもらった方がいいと勧めて回りました。

その治療以来、肌トラブルは一切起きていません。診察の時に予防法も教わったからです。治療だけではなく、再発予防のアドバイスも頂きまして、良い体験をさせて頂きました。